Populaire

在宅事務、テープ起こしを生業とする女の日常

Adobe DreamweaverCCを解約したお話

www.adobe.com

 

ウェルスダイナミクスでロードという診断を受け、

最初にやったのはAdobe DreamweaverCCを解約することでした。

Webデザインに憧れた人生

学生時代にホームページビルダーを使って趣味サイトを作成して以来、

いつかWebデザインをやってみたい!Webデザイナーになりたい!と思っていました。

本当に、つい去年まで。

Photoshopとllustratorの環境も揃えました。

追加でDreamWeaverCCの契約もしました。

最終的に手元においておけないオンラインソフトは好きではないのですが、

DreamWeaverのパッケージソフトはないので仕方ありません。

有料のオンライン講座も受講しました。

Webデザインのスクールや専門学校の通学も真剣に検討したことがあります。

スクールは金額の高さで辞めた…という部分もあったのですが、

実は無意識下で自分でわかっていたんだと思います。

デザインセンスが壊滅的にないことを。

 

センスのない人生

未だに洋服のセンスがありません。何を着ていいのかわかりません。

完全にファッション迷子。

オンライン講座を受けて、さあ自分で作ろうとしたときの生みの苦しみ。

何から何までWordとExcelでデザイン&作成する会社にいたときは、

「デザインしろ!」と無茶ぶりされて、長時間苦しんで提出すると

「おまえセンスねえな!」とぶった切られ、傷ついたことも懐かしい。

(若かったからね)

 

ロードの診断を受けて

発想力がないのは生まれ持ってのものだと思い、

Webデザインへのあこがれをさっぱりと捨てることにしました。

私は私の道がある。それはまだ模索中です。

今はテープ起こしと秘書を頑張りたい。

その一環で、月額かかってしまうDreamWeaverCCの解約にいたしました。

この行動は、私にとって気持ちの上での思い切ったものでした。

 

考えてみれば、「スター」や「クリエイター」に憧れていて、

そういう人になりたいと思っていました。

また、「サポーター」や「ディールメーカ-」のようでなくてはならない、

と思い込んでいたこともあります。

 

頑張ればできるのだろうけど、それは茨の道。

なだらかな道を歩き、いつかフローに乗れることを信じてしばらく模索するつもりです。